外壁塗装を桑名でお考えならリフォームラボITONEN(いとねん)にお任せ下さい!

  • HOME
  • はじめにお読みください

はじめにお読みください

ITONEN(いとねん)は、三重県桑名市でお客様にご支持いただき、創業から100年以上地域密着スタイルを貫くリフォーム専門店です。
創業当初から幅広いリフォームでお客様のご要望にお応えして参りました。
近年外壁塗装には、悪徳リフォームの問題もあり、地域に密着する企業として「今まで以上に地域の皆様のお役に立ちたい」との想いが強くなり、これまで以上に外壁塗装に取り組むことを決意しました!

外壁塗装、屋根塗装に積極的に取り組む中で、私はようやく外壁塗装リフォームの現状に気付きました。

押し売り、適正でない金額、低レベルな施工―…。

お客様が直面していた実情、苦労を知り、愕然としたことを、今でも覚えています。

「このままでは雨漏りしますよ」
「ほら、手にこんな白い粉が付くほど塗装が劣化していますよ」…。
訪問してきた塗装業者に、このようなことを言われた経験はありませんか?これらは、いわゆる訪問業者の常套句です。
言葉たくみにもちかけ、ズサンな工事をした上、電話をしても連絡がつかないというケースが多いことも事実です。

そういう場合、相手が契約を急かせてもこちらは逆に落ち着いて、「会社はどこにあるの?」「施工事例を見せてちょうだい」など、どんどん質問することで、悪徳業者の撃退に繋がります。

「キャンペーン中なのでお安くします」
「今なら大幅値引きしますよ」

そんな誘い文句を聞けば、つい、急いでお願いしたくなってしまうものです。

でも、これこそ悪質な訪問業者の狙い目です。そこには、お客様にゆっくり考える余裕を与えず、すぐ契約してしまおうという魂胆があるのです。

適正価格かどうかを判断するには、見積もりをよく見てみましょう。あやし気な業者の多くは、「足場工事一式」、「外壁塗装工事一式」といった表現を用いています。でも、「工事一式」では、何を塗装するのか、塗装する面積、塗料の種類は何かなどがまったく分かりません。いい加減な施工をして、後からお客様がそれを指摘しても、言い逃れできるようになっているのです。

何より大切なのは、手抜きをせずに、必要な工事を適正に行ってくれるかどうかということでしょう。これは、工事に取りかかる前の契約段階では、業者の良し悪しをなかなか判断できないところに難しさがあります。

一般に3回塗りをする必要があるのに、回数を減らしている。見積もり時に比べて安い塗料を用いている。このように確信犯で悪さをする業者もいれば、養生の方法が悪い、職人の態度が良くないというように「仕事の質が低い」業者もいます。

お客様の大切な家をしっかり守り維持していくためには、良心的な施工を行う業者を選ぶことが何よりも重要です。いかにも手抜き工事をしそうな業者を避けるには、「長く地元に拠点を構えている」、「自社で塗装職人を抱えている」といった条件を基に探すといいでしょう。

こんなことではいけない、 私たちが正しい外壁塗装リフォームを提供しよう、とますます力を入れて取り組んできました。

私たちは適正な価格、適切な仕事をもって、お客様のお家を蘇らせます。当たり前のことを続けることで、お客様に「幸せ・笑顔」をお届けしていきます。

では、「適正な価格」・「適切な仕事」とは、どんなものでしょうか?それをこれからご説明させていただきます。

お客様にとってどの塗料が良いのか?
なにが適正価格なのかわからないのも無理がありません。

まず外壁屋根塗装で150万円以上のお見積もりを提示していたり、訪問販売的にピンポンと鳴らしてきた業者は断って失敗することはありません。
なぜなら通常の塗料で建坪30坪前後の家なら150万円を超えるようなお見積もりには成りえないからです。

外壁のシリコン塗装の仕様です。もちろん高圧洗浄付きです。

見難いですが、
外壁塗装 合計¥598,000(税込)です。

これが、外壁塗装の適正な価格なのです。

今の世の中、相見積もりは当たり前。金額だってインターネットで調べれば大体の価格はわかるはず。悪質な営業マンは、それをしない、できないお客様を探しているのです!
そしてせっかくお見積もりさせてもらえたお客様に、
「今、ご契約いただけば30万円値引きします」
などと言って契約を急ぐのです。

冷静に考えてみれば分かるはずのことが、言葉巧みな百戦錬磨の営業マンに言いくるめられてしまうのです。
現に「外壁塗装で250万かかった」「屋根も塗ったら300万くらいだった」と、信じられない話をするお客様が現実お見えになります。

そのお見積もり書をメールで送って下さい。
ITONEN(いとねん)が直接鑑定いたします。もちろん無料です。

もちろんウチで工事させてください、なんてことも言いません。

さよなら訪問販売・さよならぼったくり。
皆様に適正価格をお教えします。


まずはお気軽にお問い合わせください!
お待ちしております。

実は、外壁のリフォーム方法は外壁塗装だけではないんです。
外壁の材質や状態によって、適切な方法を考えて施工しなければいけません。
ここで、皆さんにお聞きします。リフォームの方法で、外装リフォームと外壁塗装という言葉があります。一見同じように聞こえますが、実は、少し意味合いが違うのです。一体どのような違いがあるか、ご存知でしょうか?

外装リフォームとは、工法を塗装だけに限定することなく、張り替えや葺き替え、または既存の壁の上から外壁材を被せるカバー工法など、数ある工法の中から、各ご家庭の外装の状態に最も適したものを判断して行う工事です。
つまり、外壁塗装は外装リフォームの中に含まれる工法のひとつ、ということですね。

さらに工法だけでなく、防水工事、漆喰の補修、雨どいの交換、耐震補強など、建物の状態を様々な角度から総合的に検討し、最適なプランをお客様にご提案するのが外装リフォームです。

内容を問わなければ、安い金額で工事をしてくれる塗装業者さんはたくさん存在すると思います。
しかし、10年、15年に1度の大切な工事を、塗装に限定して考えてしまうのは少し危険だとは思いませんか?

本当に塗装でいいのか?
塗装だけでいいのか?

屋根の塗装を行った後に雨漏りが…なんて事は、良く聞く話です。
実際に、塗装をしてはいけない外装素材もあるのです。

ITONEN(いとねん)は、塗装だけでなく、家の状態を総合的に判断してそれぞれに適切な施工をすることができるのです。
お客様の予算やライフプランに合ったアドバイスをさせていただき、その上で最適なものを選択していただく。私たちはそんな風に考え、日々お客様と接しております。

ITONEN(いとねん)では、お客様とリフォーム後のイメージの共有をよりたしかなものとするために、お客様のご希望をヒアリングし、イメージに反映しながら打ち合わせを行います。

これによって、リフォーム後の相違もなくなり、お客様も満足、ご納得のリフォームができます。




staff.jpg jirei.jpg koe.jpg























itonen-mailtenpu.jpg